貿易事務に転職してキャリアアップ【魅力的な職種】

ステップアップのために

ヘッドハンティング

人脈と人間性磨きが大事

仕事をしていると誰しも職場に対して不満を持つものです。その多くは仕事の割に給料が安いというものが、最も多いようです。そうした場合、自身のスキルをもっと生かし高く評価してくれる会社に転職しようと考えるのが自然なことです。しかし、ある程度年齢が高くなると就職活動はだんだんと難しくなってきます。そんな中、最も安心して転職できる、なおかつ自身のスキルを高く評価してもらえるのがヘッドハンティングです。ヘッドハンティングは、その名の通り他社から引き抜かれることをいうわけですが、そんな転職に期待をするためには、人脈を幅ひろく持つということが何より重要です。現在の仕事を通して多くの人とつながること、自分のことを知ってもらうことです。また、仕事外でも幅広く人とつながることも重要な点でしょう。ヘッドハンティングする側は、採用で失敗したくないという思いがあります。だからこそ、すでに知っている人に白羽の矢を立てるわけですので、自身の人間性を磨き、さらにスキルを高めていくことも大事です。ただ、ヘッドハンティングによって卒業する現在の職場へのフォローは大事です。立つ鳥跡を濁しては、転職後の仕事でうまくいかないことも出てくるものです。現在の職場への感謝の気持ちを大事にし、上司や同僚の理解を得る努力も必要です。そしてこの転職は、自分自身のステップアップにしたいという思いを伝えることも大事です。このようなことに注意し、本人も、新たな職場も、そして元職場もプラスのイメージで転職をすることができるようにしたいものです。